「MSEM」は

  <携帯性>と<高機能性>の防煙マスク

<製品特徴>

【高機能性】

内容 (慨寸)

幅(W) 375mm

高(H) 400mm

標準小売価格 ¥6,500(税別)

材質

ポリイミドフィルム(~400℃)黄色部分

酸化繊維布・二重活性炭他(全6層)フィルター部分

​耐熱性ラバー 頸部部分

各種試験

<フィルム部分>

米国UL規格 94V-0

台湾検査局 継続可能試験20分

<フィルター部分>

ASTM法(台湾)CCL4テスト 平均25分

<全部位>

日本カケンセンター 耐熱試験済(250℃)

(1)耐熱性(200℃が人間の限界温度?)

MSEMは米D社の特殊耐熱性フィルムを使用しており400℃までの耐熱性があり、全部位でも250℃以上の耐熱性があります。

そもそも消防服などの特殊防備以外の一般着衣で人間が耐えうるであろう温度は200℃前後と言われています。つまり最低でも200℃以上の耐熱性が防煙マスクには必要となります。簡易的にナイロン・ポリエチレン製の袋を被って(溶解温度110℃~120℃)避難する事は状況によっては逆に危険となります。

(2)視界の確保(煙の中での目を開けていられるか?)

MSEMはマスクタイプで頭上より被ることで煙の侵入を防ぐため、目は開けたままで避難が可能となります。呼吸は当然ですが

煙で目が開けていられない状況も、避難を妨げる大きな要因となります。

(3)呼吸の確保(ぬれタオルやハンカチだけでは・・)

ぬれタオルやハンカチ等で口を押さえながら火災時避難には有効な避難方法かと思われます。しかし、高層マンション、大型ビルなど避難経路が長い場合などはどうしてもタオル、ハンカチだけでは口元への煙の侵入を防ぎきれません。呼吸毎に煙は侵入してくるため避難経路が長ければ呼吸も難しくなります。MSEMの高機能フィルターは有毒煙を除去するために、活性炭布を含む6層の多層構造で作られており煙中にて約20分間※1)の使用が可能となっています。

(4)日本国外では10年以上前から普及(テロにおける火災など・・)

MSEMの姉妹品は既に、アメリカ、カナダ、イギリス始め海外では10年以上も前から発売され、危機管理用防災ツールとして

常備・携帯され既に海外では実績ある製品であり、台湾では一部政府機関、公共施設、防災機関などの備えも日常化されています。

 2001年の9.11のテロをはじめ、近年の日本国内もテロの恐怖は他人ごとではなくなっています。公共乗物や大型商業施設、ビルなどテロ火災からMSEMでの避難準備をする事は、あなたの命をつなげる事になるかもしれません。

(5)アルミ真空包装で長期保存OK!

MSEMはアルミパッケージで真空包装されています。品質保証期間は左上に打刻されていますが、アルミ外装袋に「破れ」「穴」などが無く密封状態のままであれば10年以上の長期保存も可能です。逆に「破れ」「穴」などで密封状態が保たれていない場合はフィルター部分の性能が著しく低下するため、改めてご購入をお奨め致します。当財団、正規代理店からの直ご購入に限り、ご購入後1カ月以内のアルミ外装袋の欠損品については無償で交換させて頂きます。但し、無償交換お申し込みはホームページからのみとなりますのでご了承願います。お申し込み後欠損品をご指定先までご返送願います。(※電話でのお申込みは受付けておりません)

 尚、他、広告、チラシ等によっては5年保証とありますが、5年以上経過してもアルミ外封袋が密封状態であれば商品の性能効果はほとんど変るものではありません。財団、正規代理店からのご購入時に限り、購入5年以内にご不幸にも火災に遭遇されMSEMをご使用された場合には無償にて交換させて頂きます。

但し、ホームページからのお申し込みとなり所定項目のご記入が必要となります。

【携帯・常備性】

外装形(除空アルミパッケージ)

軽い!(52g)薄い!(7mm)

コンパクトサイズ!(W130㎜H235㎜)

(1)携帯性が良い!(非常時に携帯していなければ意味がない・・)

MSEMは軽くて、薄くて、コンパクトサイズのため、ビジネスバックのサイドポケットや旅行バック、フリーバックなど日常の

外出時のバックへの携帯が容易です。また、7mmと薄いため車の車検証入れや、グローブBOX、事務机などにも簡単に収納可能

です。いくら高機能な防煙マスクでも普段持ち歩けない外袋の「厚さ」「大きさ」「重さ」であれば、利用範囲は限定されてしまいます。火災にはいつどこで遭遇するか誰もわかりません。普段から身の回りに携帯・常備することが最も大事です。

 いくら高機能でガスマスク相当な防煙マスクでも、日常生活的に携帯できない大きさであれば、それはいざという時に利用できる

機会が少ない事となります。防煙マスクは高機能であると同じく携帯性にも優れていなければなりません。

【使い方】

(1)使い方は簡単!

外装袋の右上より下向きに破りMSEM本体を取り出してください。

MSEM本体のラバー部分を大きく開いてください。

※ラバー部分は伸縮しますので頭の大きさくらいまで広げても大丈夫です。

ラバー部分を広げたまま頭上よりそのまま被ってください。

※ラバー部が頸部分までくるようにしっかりと被ってください。

被ったらラバー部分が頸部に隙間がでないようにしてください。

※口元にフィルター部分が来るようにし、視界が確保できればOKです。

「まもリス防煙マスク」を使わない事が最良です。

しかし火災遭遇は絶対無いと言い切れません。

ご案内したい事は、もしもの時の「お守り」として

常備をお勧めしています。

自分だけでなく「大事な人」「ご家族」のために

ご準備ください。

Copyright 2017 一般財団法人 自動車利用者保護機構 All right reserved.